web - タロさんブログ

外でもドアホンVL-SWH705が接続できなくなった時の対処方法

外出先でスマホとドアホンが繋がらなくなったので、家に戻ってからサポートダイヤルに電話して対処方法を聞いてみた。

すると以下を順に試してくれとのことを言われた。

1.親機のリセット
2.スマホ再起動
3.ルーターの再起動
4.親機とスマホのペアリング
5.アプリ再インストール

で、とりあえず全部やってみたけど、改善できず。
サポートの人がしどろもどろしだしたので、「もしかしてポート番号の設定が関係する?」と聞いたところ、「ルーターの設定が自動振り分けだとエラーになることがあるので、一応、62001〜62005で設定してください」とのことを言われた。

で、ルーターの設定をそれに変えてみたところ、無事LTE(4G)でも3Gでも宅外接続できるようになった。

めでたしめでたし♪

ちょw乳首摘んでると誤認してクリックしてしまったわwこの広告ww

超騙された!これw





めっちゃ乳首をつまんでるように見えて、なんだなんだと思ってクリックしてもうたw

というか、これを誤認する自分の頭がおかしいのかww

にほんブログ村のランキングリニューアルは改悪?改善?

先日(4月1日かな?)、にほんブログ村のランキングが突如リニューアルされた。


内容はというと、

標準のカテゴリランキングページの順位が、IN → OUT → PV(ページビュー)→ ランダムというように一定の間隔でローテーション表示される

というもの。

にほんブログ村の正式告知ページ


この改変について、ネット上では賛否両論あるようだけど(いや、批判しかまだ見てないけどw)、自分なりにこのリニューアルのメリット・デメリットをまとめてみた。


リニューアルの良い点


・一部ブロガーの流入数増加の可能性
INだけでなく、OUTやPVでランキングインしているブロガーが読者の目に触れる機会が多くなった


リニューアルの悪い点


・ブロガーに余計な作業を強制している
ブロガーがバナーによって意図していたページ遷移(INランキングへのページ遷移)を強制的に書き換えられ、それを回避するためには所定の作業をしなくてはいけない(1記事ずつバナーをコピペしていたブロガーにとってはまず無理な話)

・ランキング読者の混乱を招く
定期的にカテゴリランキングトップページに訪れる一般読者が、コロコロと変わるランキングに不審を抱いてしまう。
自分も5つのランキングを定期的に巡回しているのだけど、カテゴリによっては「PV」もしくは「ランダム」ランキング表示になった時に、1件も表示されない事がある。

・検索エンジンに対しての印象を悪くする可能性
IN、OUT、PVはそれぞれ異なるコンテンツであるにも関わらず、それを統括するべきカテゴリトップページがそれらを一定の間隔で入れ替えるだけの状態では、検索エンジンはそのページの価値を見出だせない。
ヘタすれば重複コンテンツとみなされるし、上記で触れたように情報が1件もない状態になるカテゴリトップページもある事から、広告だけのページとみなされかねない。



蛇足


・・・ごめんなさい。
批判だらけになってしまった。


別ににほんブログ村に恨みがあるわけじゃなくて、純粋に思った事書いただけです(^^ゞ


ちなみに、にほんブログ村の村長さんは、ユーザーの声に真剣に耳を傾け、真剣にブロガーのためを思って動いてくれているのが感じ取れるし、今回の事もブロガーのためを思っての事だとは思う。


でも実際のところ、
PVやOUTで上位表示している人が漏らした不満に耳を傾けちゃって、現状に満足して声を上げていなかったユーザーを無視しちゃった形になったのかなぁ、と思う。


自分も仕事上いくつかサービスを立ち上げてるけど、
アンケートの取得の仕方をよくよく考えて参考にしなければ、一部ユーザーの声が大部分かのように錯覚してしまうことになり、痛い目にあう事があると考える。
村長さん、その状態に陥ってませんか?

Ptengineで初期URLを変更する方法

ヒートマップを使用する事ができる無料アクセス解析ツールPtengin

これ、一度登録すると計測するURLの変更ができない!

で、何かいい方法がないかなぁと思っていじくり回してたんだけど、やっと見つけた。


今までのデータはすべて消えるけど、一度プロファイルを削除すれば変更できた♪

独自ドメイン維持費が一番安い管理会社リンククラブ。そのデメリット

登録時はアホみたいに安い会社は色々ある。

ムームードメイン、お名前.com、バリュードメイン等など、有名どころは初年度だけ安い。


ただ、長いスパンで見ると一番安いのは間違いなくここ!


リンククラブ
(L.D.P)

人気の「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」が年額770円(税込み)!



ただし!以下のデメリットがある。

・年会費が100円かかる
・whois情報公開代行が登録者名(本名)以外が対象
・しかも登録者名はどこからも変更できない
・定期的に変な冊子が送られてくる

まあこれらが許容できないようなら、whois情報公開がいつでも無料でできるムームードメインか、公開代行は契約時しかできないけど、クレジットカード登録で自動更新&更新前にメールしてくれるお名前.comがおすすめ。続きを読む